ラッキーバンクの投資家説明会に行ってきました。その報告です

3月2日にラッキーバンクの投資家説明会に参加をしました。その際のレポートです。

行政処分説明(田中社長)についてになります。

ラッキーバンクの証券取引等監視委員会の勧告についてはこちらの記事で解説していますので合わせてご覧ください。

田中社長の親族が経営するX社への融資が問題とされた点

貸付先の審査の誤解とは
貸付先の審査 売却契約の締結がされていないのに水増し
売買契約前のX社による買付証明書を売上にしていた

X社の複数事業の延長とは工事の延期や販売の延長で12ヶ月が18ヶ月に計画延長により、12ヶ月の返済が困難になった→借り換えで対応
X社の継続をした理由→内部管理体制の強化

物件担保の評価について

318本中252本は不動産価格調査報告書
他は不動産鑑定書を用意していた

正式な不動産鑑定評価とは?
不動産鑑定士が評価を行ったもの
252本は外部調査員に査定を依頼 調査概要でしかなく鑑定が簡易的
対外的に公表できないと表現した理由は
簡易査定や机上査定はサイトに掲載してはいけないものなのにそこを看過していた
実際には評価を付きた金額の70%から120%で売却できている

質疑応答

Q.不動産鑑定書が正式なものではなかったが、価格の乖離は

A.公示地価や取引事例は参考にしている 査定と実売価格は70~120%となっている

Q.なぜ20名だけしかやっていないのか

A.第1回ということでどの程度の反響があるか読めなかった。2回目以降は会場を大きくする

Q.社名は出せないにせよA社などの名前を出さない理由は

A.スキーム重視だったので、必要性を感じなかった。今後はそれぞれの会社ごとにイニシャルを出す

Q.X社は何%なのか

A.公平性のためにこの場では言えない

Q.X社との取引がなくなると会社の財務は成り立つのか

A.取引先を増やしたい。

Q.X社の財務状況は?

A.今ここでは言えない。公開に関しては開示内容のすり合わせ、行法的な規制の上で公開したい

Q.2月19日に募集をしたのはどういうことか

A.2月20日まで知らなかったのでスケジュールに沿って公開した

Q.LBIリアルティはX社?

A.そこは言えない 追って報告する

Q.LBIリアルティのファンド概要は

A.それぞれのファンドで違う。シニア、メザニンの割合など銀行でどれ位などは案件詳細を見てほしい

Q.LBIリアルティの社員数は?

A.2名

Q.ラキバンの財務状況は?

A.現時点の財務状況は昨年が赤、今季は4月30日に掲載

Q.ほんとうに安心なのか、社長としてのコメントは

A.断言はできない。詐欺的行為はしていない

Q.LuckyBankはX社の資金調達の一部門ではないか?X社はラキバンがいなくても生きられるのか。X社の意志に逆らえるのか

A.なんとも言えない。抵当権の執行は必要が生じたら行う

Q.信頼回復の具体策

A.内部管理、融資、与信体制取引先の新規開拓。リファイナンス案件はきちんと告知する

Q.融資の引き上げはできないのか 売却して早期償還はしないのか

A. 可能性はある サービサーは最悪の手段だと思っている

Q.抵当権の執行はどのタイミングで行うのか

A.ボーダラインを決めていなかった。

Q.ファンドの再募集はいつから行う予定か

A.内部体制の見直しと策定が整い次第行いたい

Q.今回の説明会では何も話せていない。行った意味はあるのか

A.2回、3回と行いその内容をウェブにも掲載したい

さいごに

説明会はかなり不透明な説明に終始し、怒りを覚えた投資家の姿も見られました。
しかし社長の会社を存続させたいという意志は確かであり、実際に3月中旬にはリスティング広告を再開し、
アフィリエイト広告もまた展開しています。
案件の募集を再開するとの以降もあり、事実上の営業再開が見えてきました。
投資家としては多少安心できる材料が見えてきたところでしょう。
4月2日には業務改善内容を金融庁に報告するということなので、その詳細報告が待たれます。

ランキングに参加してます。参考になったという方はクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

北西光太郎注目のクラウドファンディング


クラウドクレジット

海外のファンドに特化したクラウドファンディング。
1万円から少額投資が可能
10%以上の高利回りファンド多数あり。

利回り10%以上。高利回りのクラウドクレジットを見てみる



トラストレンディング

金融に特化したクラウドファンディング。
10万円から投資可能なのでまとまった金額を投資できる人におすすめ。
利回り10%以上の案件も多いのでリターンも期待できる。

取引手数料、振込手数料無料が魅力。高利回りのトラストレンディングを見てみる



OwnersBook

不動産特化のクラウドファンディング。
1万円からの少額投資が可能。
全てのファンドが担保付きなので安心して運用したい人におすすめ。

全担保付きで安心!OwnersBookを見てみる



SBIソーシャルレンディング

SBIグループが運営するクラウドファンディング。
ソーシャルレンディング唯一の総合金融グループが運営しているということで安心感が高い。
短期から長期、担保ありなしなど様々なファンドを扱っているので初めての人におすすめ

安心安全重視ならここ。SBIソーシャルレンディングを見てみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラッキーバンクに新たな動きが。光明が見えてきた!?

みんなのクレジットに投資していた人は救済されるのか