これまでのソーシャルレンディング投資の運用実績を紹介と自己紹介

はじめまして。ソーシャルレンディング投資を1年ほど行っている投資家の北西光太郎と申します。
年齢はアラフォー。家族は子供を含めて3人です。
現在の年収は本業が約450万円。
子供を養うにはかなり厳しい金額です。
そこで数年前からネット副業をしており、運の良いことにそこで毎月数十万円の利益を出すことに成功しています。
さらにその副業収入を眠らせておくのはもったいないので、資産運用を考えていました。
しかし株やFXはリスクが高く、取引の手間もかかる。不動産が住宅ローンを支払っている身なので、とても新しく物件を購入する余裕はないしローンも通らないだろうと諦めていました。
ただ不動産投資のように毎月安定した収入が得られる投資手法というものは心強いものです。
そこで見たような投資が無い方探しているうちに出会ったのがソーシャルレンディングでした。

ソーシャルレンディングに魅力を感じた理由

ソーシャルレンディングの前には投資信託の運用を考えていました。
しかし投資信託は損失が発生する可能性もそれなりにあり、調べていく中で確実に収入が入ってくる投資手法とは言えないことがわかってきました。
また投資対象が多いのは良いのですが、あまりにも数が多く、調べるのが手間と感じたのも確かです。
そして不労所得という言葉で検索をしていくうちに見つけたのがソーシャルレンディングでした。
ソーシャルレンディングは私が着目した2016年の時点では、あまり日本でメジャーな投資手法ではなくそれほど投資している人はいませんでした。
しかし内容を見ていくと、毎月5万円以下からの投資が可能、そして年利は8%~9%など非常に高い。
さらには貸し倒れが起きても不動産を担保にしているファンドであれば、資金の回収も十分に可能と安全性の高さを魅力に感じました。
さらに投資先を決めた後は特に何もすることがないというのもメリットです。
かつてFXに投資をしていたことがあったのですが、FXは相場の監視が必要ですし相場が暴落している時は24時間動く相場を常に監視しないと落ち着かないこともありました。
仕事にも集中できませんし、睡眠も取れません。
それに比べれば相場の変動がない投資ができるというのは大きなメリットに感じたのです。
ちょうど副業からの貯金で100万円ほどあったので、それを早速投資してみることにしました。

現在の投資状況

一年間私が投資をしてきた中で、現在運用している資金は約350万円になります。
投資先の平均的な利回りは9%ほどですから20%の源泉徴収を引く手取で7.2%です。
さらに案件開始までのタイムロスや早期償還によるロスがあるので、実質の手取り利回りは6.5から7%といったところでしょう。
2017年の1月から投資を始めて最初は90万円、そして毎月20万円から30万円ほど投資したので現在は350万ほどまでになりました。
副業得たお金はほとんどこちらに投資をしていますが、すでに20件以上のファンドに投資し、この一年間で貸し倒れが起きたことは一度もありません。
早期償還は何度か起きましたが、分配金の遅延が発生したこともなく、非常に安定した収入が得られています。
300万円を超えたあたりから毎月2万円近い分配金が入ってくるようになり、その分配金を再投資に回すことで高い複利効果が得られてるのもソーシャルレンディングの魅力だと思っています。

運用しているソーシャルレンディング会社

現在私が投資対象としているソーシャルレンディング会社はラッキーバンク、レンデックスそしてグリーンインフラレンディングの3社です。

・ラッキーバンク

・LENDEX

・グリーンインフラレンディング

どういったポイントでこの3社を選んだかというと、やはり利回りの高さです。
2017年の1月時点ではラッキーバンクは利回りの高さと不動産担保の安全性で人気がありました。
レンデックスの営業開始したのは2017年7月ですが営業開始直後から着目し、こちらにもかなりの金額を投資しています。
最近ではラッキーバンクが投資しづらくなったこともあって、投資しやすいレンデックスが中心となっています。
グリーンインフラレンディングは先の2社に比べれば投資金額はかなり少ないです。
不動産担保が設定されていないので貸し倒れが起きた時のリスクが大きいと感じています。
ただし税引き後でも10%を超えるファンドもあるなど、業界屈指の利回りの高さはやはり魅力です。
そこでまあ貸し倒れが起きても挽回が聞く程度の金額をグリーンインフラレンディングに投資をしています。

わたしの投資方針

私の投資方針としてはどうぜ余剰資金を運用するのであれば、できるだけ利回りが高い会社を狙う、そして可能な限り担保もしっかりしている案件を狙うといったところです。
ソーシャルレンディング業界の大手というと、maneoやSBIソーシャルレンディングがあります。ただそういった会社の案件は見回りが6%から7%とそれほど高くありません。
もちろん会社の倒産リスクが低いというメリットはありますが、どうせ同じ資金を運用するのであればできるだけで利益も伸ばしていきたいものです。
幸いにして現在国内のソーシャルレンディング業界では、みんなのクレジットを除けば大規模な貸し倒れや虚偽営業、詐称などの問題が発生したことはありません。
少なくとも現在のどの会社に投資を、投資家のほぼ全てが安定した利益を確保できています。
この確実性の高さは他の投資ではまず得られないものだと思っています。
ソーシャルレンディング投資家の中でもできるだけ分散投資をした方が良い、利回りの高い案件はリスクが高いという人もいますが、それを理解しつつもとりあえず金利の高い投資会社ソーシャルレンディング会社も安全だぞという事を皆さんに知らしめるためにもそういったコンセプトで私は投資をしていきたいと思っています。
今後は海外案件を提供しているクラウドクレジットでも投資をしていきたいと思っています。
ただし現時点では投入できる資金があまり多くないので、分散しているとどうしても複利投資効果が悪くなるデメリットもあります。
多くても5社程度に絞って、それぞれの会社に100万円単位でまとまった資金を投資しながら、複利効果を発揮できるだけの分配金を得られるように、今年も伸ばしていきたいと思っています。

ランキングに参加してます。参考になったという方はクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

北西光太郎注目のクラウドファンディング


クラウドクレジット

海外のファンドに特化したクラウドファンディング。
1万円から少額投資が可能
10%以上の高利回りファンド多数あり。

利回り10%以上。高利回りのクラウドクレジットを見てみる



トラストレンディング

金融に特化したクラウドファンディング。
10万円から投資可能なのでまとまった金額を投資できる人におすすめ。
利回り10%以上の案件も多いのでリターンも期待できる。

取引手数料、振込手数料無料が魅力。高利回りのトラストレンディングを見てみる



OwnersBook

不動産特化のクラウドファンディング。
1万円からの少額投資が可能。
全てのファンドが担保付きなので安心して運用したい人におすすめ。

全担保付きで安心!OwnersBookを見てみる



SBIソーシャルレンディング

SBIグループが運営するクラウドファンディング。
ソーシャルレンディング唯一の総合金融グループが運営しているということで安心感が高い。
短期から長期、担保ありなしなど様々なファンドを扱っているので初めての人におすすめ

安心安全重視ならここ。SBIソーシャルレンディングを見てみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3月のソーシャルレンディング運用報告と雑感

2月のソーシャルレンディング運用報告

4月のソーシャルレンディング運用報告と今後の投資方針